キャッシングBAN
★★キャッシング申し込み時の注意点★★
MENU

キャッシングBAN・トップ

●キャッシング申し込み・返済方法
 |-申し込み時の注意点
 |-契約までの流れ
 |-返済方法

●キャッシング会社一覧
 |-アコム
 |-アイフル
 |-武富士
 |-プロミス
 |-レイク
 |-オリックス
 |-DCキャッシュワン
 |-モビット

こんな話には注意!!
 |-紹介屋
 |-投資話・マルチ商法
 |-名義貸し・アルバイト詐欺
 |-パチンコの打ち子
 |-ヤミ金・ネオヤミ金
 |-騙されたと思ったら・・

役に立つ!!キャッシング豆知識
 |-改正貸金業法施行スケジュール
 |-金利について
 |-みなし弁済・みなし利息について
 |-過払い金返還請求について
 |-貸金業者の登録について
 |-広告の規制について
 |-総量規制について
 |-信用情報について
 |-指定信用情報機関・最新情報

●よくある質問
 |-申し込みについて
 |-返済・利息について
 |-信用情報・プライバシー

●その他
 |-お問い合わせ
 |-リンクについて
 |-キャッシングBANモバイル
 
申し込み時の注意点
1.借入は慎重に

当たり前の話ですがキャッシングは自分の収入に見合った範囲でするようにしましょう。
限度を超える借金は自分自身を苦しめることになります。

2.貸付条件を必ずチェックすること。

キャッシング会社によって、貸付利率や貸付条件に差があります。貸付利率等を事前に確認し、納得した上で利用するようにしましょう。
特に借入金の使用目的によっては、「目的ローン」が適用される場合があります。
目的ローンは他の商品と比較しても金利が安く、限度枠も多く設定されるなどの優遇が受けられますのでお奨めです。
目的ローンの貸付利率やその他の条件はキャッシング会社によって様々です。いろいろと比較して検討し、最終的にベストと思われる商品を選ぶようにしましょう。

3.キャッシング会社の概要を確認すること。

消費者金融等の貸金業者は、その業を営む為の「登録」を受けることが義務付けられています。
この「登録」を受けていない業者を「ヤミ金」と言います。
貴方がいま申し込みをしようとするキャッシング会社が、登録を受けた健全な貸金業者であるか否かは、その会社のホームページを見ればすぐにわかります。
例えば、大手消費者金融の「武富士」では、トップページ下部に次のように表記されています。
登録番号:関東財務局長(9)第00020号
これが登録番号です。
ただ、自社のホームページだけではなんとでも書けますので、日本貸金業協会のホームページで、登録業者を検索することができます。
不安な方はこちらで調べておくのも良いでしょう。

4.一日に何件も申し込みをすると借りにくくなります

その理由は信用情報の「問い合わせ件数」が多く出てしまう為です。
貸金業者は申し込みを受けると、加盟する信用情報機関に信用情報の照会をします。
信用情報とは簡単に説明すると、貴方が何件でいくらの借金があるのか等の情報のことです。
(詳しくは信用情報についてをご覧下さい)
貸金業者が貴方の借入状況を照会した際に、同じ日に5件も6件も問い合わせが入っていた場合、実際に借入をしたのかしていないのかがすぐにはわかりません。
はっきりするまで数日掛る場合もあるからです。
与信判断は客観的事実に基づいて判断されますので、問い合わせ件数5〜6件のうち、実際に借りた件数と金額がはっきりしない以上、貸金業者からすれば即日融資というわけにはいかなくなるわけです。
したがって、一番良い方法は、まず1社に申し込みをしてみて、いくら位の利用限度枠がつくのかを確認された方が良いでしょう。
1社で足りなかったらもう1社申し込むという具合にするべきです。
インターネットからの申し込みで、ついまとめて何件も申し込みをして、そのうち何社か融資OKが出ればラッキーという思い込みで一度に何社も申し込みをする人がいますが、これは最悪の申し込み方ということになります。

5.現在の他社での借入は正直に申告した方が好印象となります。

理由は上記「4」で説明したのと同じです。
貸金業者は申込者の信用情報を照会しますので、ある程度の借入状況は既に把握しています。
「ある程度」というのは、貸金業者によって加盟する信用情報機関が異なる為、照会しても出てこないものもある為です。
しかし貸金業法改正に伴う「総量規制」の導入が既に決まっており、これまで複数存在する信用情報機関が「指定信用情報機関」として新たに発足することも決まっています。
指定信用情報機関の詳細は「信用情報について」でご説明しますが、貸金業者は既に貴方の借入状況を大方把握しているのに「借りてない」等の申告をすると、信用されにくくなります。
したがって、現在の借入は正直に申告した方が好印象を与え、借入がしやすくなるというわけです。
キャッシングBAN