キャッシングBAN
★★キャッシング前の注意点・投資話とマルチ商法についての注意点★★
MENU

キャッシングBAN・トップ

●キャッシング申し込み・返済方法
 |-申し込み時の注意点
 |-契約までの流れ
 |-返済方法

●キャッシング会社一覧
 |-アコム
 |-アイフル
 |-武富士
 |-プロミス
 |-レイク
 |-オリックス
 |-DCキャッシュワン
 |-モビット

こんな話には注意!!
 |-紹介屋
 |-投資話・マルチ商法
 |-名義貸し・アルバイト詐欺
 |-パチンコの打ち子
 |-ヤミ金・ネオヤミ金
 |-騙されたと思ったら・・

役に立つ!!キャッシング豆知識
 |-改正貸金業法施行スケジュール
 |-金利について
 |-みなし弁済・みなし利息について
 |-過払い金返還請求について
 |-貸金業者の登録について
 |-広告の規制について
 |-総量規制について
 |-信用情報について
 |-指定信用情報機関・最新情報

●よくある質問
 |-申し込みについて
 |-返済・利息について
 |-信用情報・プライバシー

●その他
 |-お問い合わせ
 |-リンクについて
 |-キャッシングBANモバイル
 
投資話・マルチ商法にご注意下さい。

消費者金融利用者に多発しています!!
くれぐれもご注意下さい!!


■マルチ商法とは・・
最近ではMLMやネットワークビジネスとも言われます。
MLMは「マルチレベルマーケティング」から由来する言葉です。
マルチ商法は、ある商品を売ったり、あるいはその売り手を勧誘したりすると、報酬が貰えるシステムです。
よくある話として化粧品等を扱うビジネスが多いようです。

■マルチ商法の合法性
マルチ商法は合法です。
法的には「連鎖販売取引」と言われます。
マルチ商法には契約書面の発行や説明義務が厳格化されており、この説明義務がきちんとされていないケースが多いことでしばし問題となることが多いようです。

■マルチ商法の問題点
マルチ商法の問題点は、強引な勧誘にあります。
自身の売り上げ実績を維持させる為、損をする可能性もある等の説明義務がきちんと果たされないことや、時には言葉巧みに「騙し」ともとれるような勧誘をしたり、場合によっては脅迫して契約させるといったところに大きな問題があります。
マルチ商法が社会問題となったのもこの為です。

■マルチまがい商法とは
2001年まではマルチ商法業者としての定義に、特定負担金の額が2万円以上という定義があった為、2万円未満に設定する業者が多く存在しました。
これらの業者はマルチ商法業者としての定義に該当しない為、マルチまがい商法と言われていました。
しかし2001年6月1日の法改正により、特定負担金の条件がはずされ、「マルチまがい商法」は死語となりました。

■ネズミ講との違い
マルチ商法とネズミ講の類似性がよく言われますが、両者は全く違うものです。
一番の違いは、ネズミ講は犯罪であるが、マルチ商法は必ずしも犯罪とはならないことです。
条件さえ満たせばマルチ商法は合法的なビジネスです。
ネズミ講とマルチ商法の線引きは、商品の流通が実際にされているかいないかです。
商品流通の実態がない場合は、ネズミ講となり犯罪行為になります。
なんらかの形で商品の流通があれば、マルチ商法となり合法となりますが、強引な勧誘や意図的に錯誤させた契約は違法行為となります。
いずれにしてもうまい話はそうあるものではありません。
これらの勧誘があった場合は、安易に契約しないことが重要です。

以上に心当たりのある方は、「騙されたと思ったら」をご覧下さい。
キャッシングBAN