キャッシングBAN

貸金業者の登録について

安心できる貸金業者を選ぶ目安になります!!

■はじめに
貸金業者は財務(支)局や都道府県から貸金業者としての「登録」を受けることが法律で義務付けられています。
「登録」を受けていない業者は全てヤミ金融です。

一見、利用者からすれば関係なさそうですが、安心できる貸金業者を選ぶ際、また、ヤミ金に手を出さない為にも重要な目安になりますので、しっかりと押さえておきましょう。

■「登録」とは・
貸金業者は貸金業法(第3条〜12条までが登録に関する項目ですが、主に3条を云う)において、内閣総理大臣又は各都道府県知事から登録を受ける必要があります。
内閣総理大臣か都道府県知事のどちらで登録を受けるかは、店舗や事務所が複数の都道府県の区域内に設置されているかいないかによって決まります。
2つ以上の都道府県の区域内に営業所・事務所を設置して、その業を営もうとする場合にあっては内閣総理大臣、1つの都道府県内のみに営業所・又は事務所を設置してその業を営もうとする場合は、各都道府県知事の登録を受ける必要があります。
(貸金業法第3条第1項)

■登録の申請は・・
登録の申請は、貸金業法第3条第1項の規定による金融庁長官の登録を受けようとするものは、登録申請書に必要添付書類を添付して、財務(支)局長・もしくは都道府県知事に提出します。
申請が通れば登録番号が貸金業者に与えられます。

■登録番号はどのように表記されるか・・(重要ポイント)
これはキャッシング会社ホームページ等を見ればすぐに確認できます。
例) 武富士の場合
トップページの下部に以下のように表示があります。

登録番号:関東財務局長(9)第00020号

武富士はいくつもの県に営業所がありますので、財務局登録となります。※注)
重要なのは(9)の部分です。
「登録」は3年に一度更新をしなければなりませんので、武富士は9回更新していることがわかります。

※注)の補足説明
●法律・政行令・施行規則について

「営業所等が2以上の都道府県に設置されている場合、法律では内閣総理大臣から登録を受けなければならない」とありますが、武富士の例で言うと財務局から登録を受けています。
これはどういうことなのでしょうか?

実はこれは「施行規則」で定められていることなのです。

法律は国会で制定されますが、その機能をうまく働かせる為、あるいは法律で規定しきれなかった細かい部分について明確化させる為に、内閣(政府)が出す命令のことを「政令」と言い、さらに各省庁の大臣によって出される命令を「施行規則」というわけです。
法律は変更を加える場合等、国会で審議をして可決を得てからでないとできませんので、時間が掛る一方、政令や施行規則はその必要がない為、小回りが利いて便利なものなのです。
政令や施行規則は法律に基づいて公布されるものですので、勝手な規則を施行規則等で作られることはありません。

■自社のホームページだけで登録番号を信用できない・・
自社のホームページやチラシ等では何とでも書けます。
ヤミ金や紹介屋等は架空の登録番号を表示したりする場合もあります。
そこで・・
金融庁のホームページで登録業者を検索することができます。

貴方が今利用しようとしている消費者金融会社が「怪しい」と思ったら、こちらで検索することを強くお奨め致します。

■日本貸金業協会について
通常、貸金業者は登録を受けるだけでなく、日本貸金業協会という団体に加盟します。
(法的強制力は無いので任意加入ですが)
武富士を例にしますと、やはり武富士のホームページ、トップページ下部に以下のように表示があります。

日本貸金業協会会員番号第003160号

こちらも実際に武富士が日本貸金業協会の協会員かどうかを客観的に調べる方法があります。
日本貸金業協会ホームページの「協会員情報検索サービス」で検索できますので、お試し下さい。


キャッシングBAN-トップ