キャッシングBAN

名義貸し・アルバイト詐欺にご注意


消費者金融利用者に多発しています!!
くれぐれもご注意下さい!!


■名義貸しとは・・
その名の通り「名義を貸してくれ」というものです。
多くは依頼者自身が既に多重債務やブラック情報等の理由で借りられない状況の為、このような依頼があります。

■注意点
名義貸しとはいうものの、実際の契約関係は契約者と貸金業者との間に存在します。
当然返済の義務は契約者にあります。
これを勘違いし、「名義を貸しただけで自分が借りたわけじゃない」という主張は全く通りません。
名義貸しの多くは、依頼者が支払いをするという話で安請け合いをしてしまうことが多いようですが、ほとんどの場合支払いが滞り、後々トラブルになるケースがほとんどです。
元々、依頼者は自身で借りられないほど多重債務に陥っている等の事情があるわけですから、必然的にこのようなリスクが高くなるわけです。
もし3ヶ月以上支払いが帯納すると、契約者に対して信用情報に延滞情報が報告され、今度は自分が車のローンを組みたい時に審査が通らないといったトラブルもしばし見られます。

■アルバイト詐欺との類似点
アルバイト詐欺の概要は、以下の通りです。

@詐欺師がインターネットの掲示板等を利用し、「高収入バイト」という謳い文句で人を集めます。
A応募があるとファーストフード店等で待ち合わせをして、そこで具体的な話を聞くことになります。
具体的な話とは、「お金を借りてきてほしい」ということです。
Bただお金を借りてきてほしいと言われて応じる人はいませんので、アルバイト料を払うと言われます。
貸金業者への支払いは、依頼主がやるという話になります。
Cしかし貸金業者への支払いが滞り、督促状を受け取ってはじめて「騙された」と気付くことになります。

アルバイト詐欺の被害者も名義貸同様に「自分が借りた」という意識が無い人が多く存在します。
しかし実際はキャッシング会社と契約者との間に債権債務が存在しますので、当然に支払いの義務は契約者にあります。
この辺を勘違いすると、自分が知らない間にブラック情報が出てしまい、後でカードを作りたい時等に困ることになりますので、十分注意するようにして頂きたいと思います。

アルバイト詐欺には「パチンコの打ち子」というものもありますので、同様に注意が必要です。
以上に心当たりのある方は、「騙されたと思ったら」をご覧下さい。

キャッシングBAN-トップ